占術はいくつ持つべきか

占術は多い方が良いのか

プロの占い師として活動していくにあたり、占術を何にするか決めなくてはなりません。
 
占術には【命】【卜】【相】の3つ種類があるのはご存知でしょうか。

【命】で人気な占いは四柱推命・西洋占星術・九星気学
 
【卜】で人気な占いはタロット・易
 
【相】で人気な占いは手相・風水・姓名判断

 
マイナーな占術を極めるのも否定はしませんが、やはり人気のある占術を選んで勉強したほうがお客様も喜びます。
 
では、どれくらいの占術を勉強すれば良いのかというと、最低【命】から1つ、【卜】から2つ選び勉強しましょう。
 

 
占術には相談内容の向き不向きがありますので、1つの占術や偏った種類の占術ばかり勉強してもカバーしきれないのです。
 
いくつかの占術も持っていることで色々な角度から相談内容を鑑定し、お客様に合わせた鑑定を出来るようにしておきましょう。
 
ただ、占術を数多く学べばよいのかと言うと、そうとも限りません。
 
占術を操れるようになるには知識がいりますし、【命】は他の占術より難しく覚えることも多いので、1つの占術を最後まで極めてから違う占術に手を付けるようにしましょう。
 
そうなると、いくつも占術を覚えたいという人はそれだけで膨大な時間がかかってしまって、占い師デビューが出来ないまま何年も経ってしまいます。
 
最低3つを扱えるようになったら、実践経験を積んだ方が良いでしょう。

占術+自分の武器で唯一無二の価値を付ける

インターネット等の普及により、占いを独学で学んで占い師デビューする人は大勢います。
 
しかし、そうなると本などの媒体に書かれている型にはまった占術しか学べなくなり、他の人と同じような平凡な占いしか出来なくなります。
 
そうなってしまうとその他大勢に分類され、占い業界に埋もれてしまいます。
 
そうならない為にも、自分だけの占いというものを研究する必要がありますし、逆を言えば扱う占術が少なくても自分にしかできない占いを持っていたら、業界でも輝く存在になれるでしょう。
 
話術を極めるのも良いですし、誰よりも早く鑑定結果を出せるのも素晴らしいです。
自分なりの唯一無二を身に付けましょう。

占術を身に付けられたら

勉強をして占術を自分のものに出来たと感じたら、最初のうちは知人等に頼んで占わせてもらいましょう。
 
勉強・知識を100%理解したとしても、実践では80%くらいの実力しか発揮できません。
 
これは慣れと経験を踏めば改善されるものなので、自分に自信がつくまでは本番仕立ての練習を繰り返し行うと良いでしょう。
 
また、完璧に覚えなくても実践訓練を始めたほうが、残りの勉強もはかどりますので、自信がないからと言っていつまでも勉強を続けすぎるのも良くありません。