占い師は苦労している方が良い

占い師は人生の先輩

占いには占い師と相談者の相性というものが大きく関わってきていて、鑑定結果に大きく反映される。
 
相談内容と占術が全く合わなかったから占い結果が当たらない事もあるが、占い師が相談者に共感出来るか出来ないかがポイントだと私は考えています。
 
例えば、ある相談者がこんな悩みを抱えているしたら・・・。
 
「今不倫しています。どうすれば隠し続けられますか?」
 
 
占い師はこれに共感をしなければいけないのです。
 
それは、相談者は不倫を肯定しその関係を持ったままでいたいと望んでいて、その為のアドバイスを求めているからです。
 

ここで不倫している事を『悪』だと思ってしまっては、占いをしようとしても気持ちが乱され鑑定結果はボロボロになってしまいます。
 
また、占い結果が出たとしても結果の伝え方が否定的になってしまい、相談者へのアドバイスが的確ではなくなってしまうこともあります。
 
占い師は相談者の気持ちとシンクロしなければいけなくて、それは達観した目を持つことが必要になってきます。
 
それから、人生経験が豊富であることも重要になってくるのです。
 
不倫したいと思ったことはありますか?もしあればそれだけで相談者の心に近づけられますし、無かったらその気持ちを想像できないといけません。
伴侶がいるのに他の人にも惹かれてしまう心理とはどんな心なのでしょうか。
 
また、それを相談者はどう思っているのかを感じる必要もあります。
全く悪いと思っていないのか、悪いと思っていても止められないのか、何も感じていないのか、そこにも共感しなければ的確なアドバイスが出来ません。

苦労した人は相手の気持ちがわかる

苦労した人ほど優しかったり強かったり、人の痛みをわかったりすると言われていますが、私もそうだと思っています。
 
経験値と言うのは心を成長させ、他人に対して寛容になり相手を受け入れられるから優しく強く、共感してくれるのだと思います。
 
人を愛したことが無い人が恋愛を語れますか?
仕事で失敗したことない人が失敗した人の事を理解できますか?
人間関係で苦しんだことのない人が人の弱いところを受け入れられますか?
 
占いに相談してくる人は多くの場合悩んで苦しんでいる事がほとんどでしょう。
 
そんな時、苦労をしたことがない人が本当に相談者を理解してあげれられる事が出来るでしょうか。
 
ただ前向きにポジティブな事を言っても根本的な解決にななりませんし、相談者は分かってくれなかったとますます落ち込んでしまうでしょう。
 
相手を理解して、前向きな考えに導くのが本物の占い師です。